ぎふ未来音楽展2020 
三輪眞弘祭 - 清められた夜 -

ライブ配信イベント

日時:2020年9月19日(土)
23時開演・26時終演(22時より配信開始)
サラマンカホールよりライブ配信(視聴無料) https://miwafest.net

主催:サラマンカホール
共催:情報科学芸術大学院大学 [IAMAS]、京都大学人文科学研究所


MUSICA CRAS GIFU 2020
Masahiro Miwa Festival - Purified Night -
19 September 2020 (Sat) 22:00 open, 23:00 start, 26:00 end
Live streaming from Salamanca Hall (Gifu, Japan)
Free live stream : https://miwafest.net

Sponsored by Salamanca Hall
Co-sponsored by Institute of Advanced Media Arts and Sciences [IAMAS],
Institute for Research in Humanities, Kyoto University

 

日本の現代音楽界を独走する作曲家・三輪眞弘が、音楽芸術の現状と未来に本気の危機感を投げかける一夜限りのライブ配信公演。

 予期せぬ新型コロナウイルスがアーティスト、音楽ホールの動きも停滞させ、音楽の発信の場はやむなくオンライン中心となった2020年上半期。音楽と観客の一体空間という、かつて当たり前だった姿が成り立たなくなったポストコロナ時代に、音楽は社会の中でどう生き延びていくか。音楽の歴史は根本的に変わってしまうのか。これからの音楽は、どこに光を見出せるのか。
「音楽の終わりの終わり」とも呼ぶべきこの状況を日本へ、そして世界へ向けて問うべく「音楽による音楽のためのお通夜」を岐阜市のサラマンカホールから無観客開催・ネット配信する。西洋音楽の祭壇、パイプオルガンと共に J・オケゲムのレクイエムを人工音声が歌い、「霊界ラヂオ」が死者の声を傍受する。さらに今回発表される新作 " 鶏たちのための五芒星 " では、人類の芸術を偲ぶ秘儀にオンライン上に接続された人々が立ち会うことが期待されている。それはまた、2000年に発表され17年後に再演された三輪+前田のモノローグオペラ「新しい時代」が描いた世界が今、現実となったということかもしれない。
 情報科学芸術大学院大学[IAMAS]共催。先端的技術とアートの融合に挑み続けるこの研究・教育機関との連携により、従来のサラマンカホールの来客層はもとより、地球上の様々な人々がネットワーク・システムの端末として、この一夜限りの出来事の証人となるだろう。

作曲・企画・構成:三輪眞弘
映像監督:前田真二郎

フォルマント音声合成:佐近田展康
詩:松井茂
写真:麥生田兵吾

出演:
川口隆夫(ダンス)
岡野勇仁、西村彰洋(MIDI アコーディオン)
石丸由佳(オルガン)
江原 優美香(箏)
ほんまなほ(ルバブ)
マルガサリ(ガムラン・アンサンブル):大井卓也、黒川岳、谷口かんな、中川真、西村彰洋、森山みどり 他
公募パフォーマー

演目:
三輪眞弘《鶏たちのための五芒星》(2020 委嘱・世界初演) 
ヨハネス・オケゲム《死者のためのミサ曲》(15世紀)MIDIアコーディオンとオルガン版 
《霊界ラヂオ》+フォルマント兄弟の《ボイパと海行かば》(2020)
三輪眞弘 箏と風鈴のための《もんじゅはかたる》(2019)
三輪眞弘《神の旋律+流星礼拝》(2020版)

Composer/musical director: Masahiro Miwa
Video director: Shinjiro Maeda

Formant voice synthesis: Nobuyasu Sakonda
Poetry: Shigeru Matsui
Photograph: Hyogo Mugyuda

Dance: Takao Kawaguchi
MIDI accordions: Eugene Okano, Akihiro Nishimura
Organ: Yuka Ishimaru
Sō: Yumika Ehara
Rebab: Naho Homma
Gamelan: MargaSari (Takuya Oi, Gaku Kurokawa, Kanna Taniguchi, Shin Nakagawa, Akihiro Nishimura, Midori Moriyama)
Open called performers

Program:
Masahiro Miwa: A Pentagram for Chickens (2020 commissioned, W.P.)
Johannes Ockeghem: Missa pro defunctis (organ and two MIDI accordion version) (15th C.)
Spirit World Radio + Formant Brothers's Boi-Pa and Umi Yukaba (2020)
Masahiro Miwa: Monju-Bodhisattva Speaks (2019)
Masahiro Miwa: The Divine Melody + The Shooting Star Worship (2020 version)

The first half of 2020, when the unforeseeable coronavirus halted the movements of artists and concert halls and forced most music transmission venues online. In a post-coronavirus era, when artists can no longer enjoy music in the same space as the audience in the way that used to be the norm, how can music live on in society? Will this fundamentally change the history of music? Where can the music of the future find sources of light?
To question this state, which we might call “the end of the end of music,” in Japan and around the world, I will hold “a wake for music by music” without an audience and broadcast it online from Salamanca Hall in the city of Gifu.

J. Ockeghem’s Requiem will be performed by artificial voices with a pipe organ, the altar of Western music, and “the radio from the spiritual world” will intercept the voices of the dead. With my new piece that will be presented at this concert, Niwatoritachi no tame no gobōsei (Pentagram for chickens), I expect that the people connected online will be present at a secret ceremony to mourn art by humans. It could be that the world depicted by the Miwa+Maeda monologue opera “The New Era,” premiered in 2000 and presented again 17 years later, has now become reality.

Masahiro Miwa

問い合わせ:ナヤ・コレクティブ(制作)
Contact: naya collective Ltd.
nayac@mc.point.ne.jp